*

マニュアル(Manual)講座   −−新版作成中−−

   伸びる企業はマニュアル上手
      ホーム > マニュアル講座 > 10 マニュアル事例.メーカー編 PROFILEサイトマップ営業案内/お問い合わせ ・ ・
 1. マニュアルとは
 2.マニュアルの役割
 3. マニュアルのつくり方
 4.業務分析
 5.  業務マニュアル
 6. ユーザーズ・マニュアル
 7.危機管理マニュアル
 8. 教育・訓練マニュアル
 9. マニュアル・小売業編
10. マニュアル・メーカー編
11. マニュアル文章
12. マニュアルの図解表現
13. マニュアル有効活用
14. マニュアル事例
15. マニュアル作成ツール
16. マニュアルセミナー
 マニュアルの本
 業務分析の本




 マニュアルセミナー
産能マネジメントスクール・代官山
日程・プログラム・料金
セミナーQ&A
ブログ−マニュアルの色々
 

10 マニュアル事例・メーカー編 

 
 


10−1 マインドマニュアル

 

@ 事例−京セラのフィロソフィ手帳

  『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 (日経スペシャル)  』 日本経済新聞出版社刊の稲盛和夫(京セラ名誉会長の項より)

小池: 京セラには稲盛さんの経営理念が詰まったフィロソフィ手帳というものがあるそうです。たとえば「土俵の真ん中で相撲をとる」というような言葉が書かれています。

村上:これが大事だということが書いてあって,六万人の社員の方が読んでいるんですね。

稲盛:もっと簡単に言うと,こういう考え方で人生を生きていきましょう,ということです。現代の社会では,人はどういう考え方をしようと自由です。ですがこれが団体,企業となると,そこに所属する人が同じような考え方を持ってベクトルがそろうかどうかが,全体のパワーに影響します。これを社員と共有したいと思ったのは,我々は二十八人が集まった零細企業で始まったのですが,とりたてて優れた技術があるわけではなかったし,資金があるわけでもない。頼りになるのは人の心だけでした。心が三になればそれが力になる。ところが考え方を共有しようというと,それは普遍的で正しいことでないと難しいんですね。「それはえげつない」と思われたらもうダメです。

 だから昔から正しいとされていること,親や学校の先生に教わったことを貫いていこうじやないかということになったんです。利益を追求したらそれでいいというのではなくて,人間として正しいことを行なう。そういう共通の基盤として持つべきものをフィロソフィとして,夜遅く仕事をしている時などに思いついたことをノートの端に書き出したりました。それがだんだん膨らんでいったのです。





10−2  

 


10−3


10−4 





   



 
ご案内 非営業ベース  「マニュアル出前講座」                          

 約四半世紀にわたりマニュアルづくりとその活用でのお手伝いさせていたいだいてきました。また,産業能率大学マネジメントスクールの「業務マニュアル作成講座」は,今年で25年目,開催回数61回を数え,延べ2000名超の皆さまに受講いただきました。 
 
 こうした長年にわたり活動させていただいたことへの感謝とお礼の意味で,「マニュアルづくりとその活用」」に関して講演(2〜4時間)とマニュアル作成に関するご相談を,謝金1時間1万円,交通費は実費精算でお引き受けいたします。
 ご検討・希望の向きは,この問い合わせフォームでご一報ください。折り返しご連絡いたします。



1 内容−テーマ

  講演テーマ例(プログラム)

  ・マニュアル不要論を質す−「マニュアル否定論 vs マニュアル肯定論」
  ・事例紹介−「マニュアル活用企業」
  ・マニュアルは自前主義のすすめ−「外注は極力避ける」
  ・時代が求めるマニュアルの条件−国際化・リスク管理・プロジェクトマネジメント
  ・マニュアルのデジタル化


  アドバイス
  ・マニュアル診断(現在使用中のマニュアルの使いやすさ・妥当性など)

2 条件

  ・・謝金:1時間当たり1万円
  ・交通費:実費精算(最寄り駅:東葉高速  八千代緑が丘駅)  
  ・営業活動は一切行いません。
  ・業務上知りえた情報は,一切使用することはありません+。
  ・守秘義務は厳守します。ご要望により事前に覚書をとりかわします。


略歴−小林 隆一

 1943年生まれ。産業能率大学講師,鹿児島国際大学教授を経て,現在経営コンサルタント。『マニュアル作成の実務』評言社刊,『マニュアルのつくり方・生かし方』PHP研究所,『「身の丈」を強みとする経営』日本経済新聞出版社刊,他著作多数。

 日経文庫ビジュアルシリーズ− 『流通の基本』(日本経済新聞出版社刊)が4版が3刷となりました。 第1版を1994年7月に刊行し,世紀をまたぎ,今年で17年目のロングセラーとなりました。延べ発行部数も十数万部と,多くの方々にお読みいただき,感謝の気持ちで一杯です。特に大学で「流通」あるいは「マーケティング」のテキストとして採用されている事,著者としては望外の喜びです。