Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索







  このページは編集中です。


   






 
                                                               |  HOME  | サイトマップ |  ブログ  |
   なるほど福島  index          福島ナビ

HOME >なるほど福島 index

頑固一徹,・・・・                              


 太平洋に面し,奥羽山脈の東西にまたがり立地する福島県は,地形・気候・交通・歴史などの面から,「浜通り」,「中通り」「会津」の3地域に分けられ,各エリアの特徴も様々!城下町,蔵の町,常磐のハワイに,秘湯などの遊びスポットと盛りだくさんです。
 律令体制の成立の頃より、福島県の県域は陸奥国の一部でした。江戸時代に入り、県内各地には、幕府直轄地のほか、会津藩、二本松藩、白河藩、相馬藩など多くの藩が存在しました。これが,福島県が多極分散型の県土構造となった大きな歴史的要因と考えられます。
  「福島ナビ」では,県民性や「ビジネスや生活に役立つ」をテーマに,日常のビジネス活動や生活で役に立つ情報をお届けします。特に「旅」に役立つ情報として,福島県の見どころや癒しのスポットを紹介します。

◆風土記 産業と経済 社会・統計 トラベル観光 ネットナビ 情報源
 県民性・気質  地域区分  福島県の人口  楽天トラベル  楽天・地図から探す-福島の宿      福島県HP
 人国記  都市圏・商圏  主要都市  福島の温泉   福島市HP
 歴史  地域特性  福島のホテル       地震被害状況
 風土    会津若松   
 方言  福島原発  喜多方  福島ニュース(NHK)
食・グルメ      Slばんえつ号  福島民友新聞社
 郷土料理・銘菓  農 業     福島・群馬・栃木・茨城- 日本道路交通情報センター  福島民報
 名産品   アクセス  福島中央テレビ
 amazon福島フェア    東北新幹線  KFB福島放送  
   Slばんえつ号 自動車・通行実績情報マップ 福島の本  
 福島の本    

 

 ┏┓
 ┗  『維新銃姫伝
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『幕末銃姫伝―京の風 会津の花』は,山本(新島)八重の人生にとどまることなく,会津落城から西南戦争までの激動の時代の社会の変化を見事に活写している。

 著者の藤本ひとみさんは,長らく恋愛小説やフランスの歴史小説,歴史評伝などを手がけてきた。わけても英雄ナポレオンには並々ならぬ情熱を注ぎ,研究誌を現地から取り寄せて読みこむほどという。

 そのなかで,ナポレオンの兵法は江戸後期の日本にも大きな影響を与えていたことを知り,「日本の側からもナポレオンを書いてみたい」という思いを持った。

 本書は『幕末銃姫(じゅうき)伝』(中公文庫)の続編にあたり,会津落城後の八重を描いている。将来の夫となる新島襄(じょう)と出会い,同志社英学校の設立までのプロジェクトと並行して,女性として結婚の悩みに直面する八重の姿を描く。ある男性への振りきれない恋心の顛末(てんまつ),西南戦争勃発に再び銃を手に取って戦地に向かうなど,史実をもとにイメージを膨らませ想像の翼をはばたかせた,読み人を小説の世界導いてくれる。

 (藤本ひとみ著 中央公論新社・1890円) 

◆楽天ブックス



新銃姫伝
◆楽天ブックス



幕末銃姫伝




 「福島ナビ」では,情報サイトやショッピングサイトを通じて,県民性や“福島の魅力”や原発事故に揺れる“福島のいまを知る”のに役立つニュースや情報を提供を通じて,みなさまのビジネスや生活をサポートいたします。
 




★福島のお土産や名産品をチェック★


  福島 トピックス

トピックス   2015-12-25  「<国勢調査>富岡,大熊,双葉,浪江の4町で人口ゼロ 」

 
                  出典:河北日報 2015.5.27

 福島県が25日公表の東京電力福島第1原発事故後に初めて実施された2015年国勢調査(10月1日現在)の速報値によると,県全体の人口は前回(2010)より11万5458人少ない191万3606人。少子高齢化に原発事故が拍車を掛け,減少幅は5.7%と過去最大となった。

 原発事故で全住民が避難する6町村のうち,富岡,大熊,双葉,浪江の4町は人口ゼロと算定された。ほかに全域避難の葛尾村は準備宿泊中の18人,飯舘村は特別養護老人ホームに入所する41人のみとなり,ともに98%以上減った。

 かつて全域避難した自治体のうち,ことし9月に避難指示が解除された楢葉町(976人)は87.3%減。2011年9月解除の広野町(4323人)は20.2%減にとどまった。町民の多くが避難を続けるが,廃炉作業員らが居住し,減少幅が縮まった。川内村(2021人)は28.33%の減少。

 一部地区に避難指示が出された自治体では,田村市(3万8500人)が4.8%の減少,川俣町(1万4449人)が7.0%減で,事故前の減少率と大きな差はなかった。南相馬市(5万7733人)は18.5%減少した。

 避難区域周辺では一部自治体が増加に転じた。いわき市(34万9344人)が2.1%,相馬市(3万8575人)が2.0%増え,三春町(1万8305人)と福島市(29万43788人)はともに0.6%の微増。避難者や復興事業の従事者らの受け皿となり,いわき,相馬,三春の3市町は20年ぶり,福島市は15年ぶりの人口増となった。
 男女別でみると,男性(94万4967人)が4.0%,女性(96万8639人)は7.3%それぞれ減った。

地図から検索 <福島県の宿・ホテル・旅館予約>


トピックス 「放射性ヨウ素の分布図を公開」

  原発事故で放出された放射性物質のうち、放射性ヨウ素をめぐっては、甲状腺がんを引き起こす恐れがあるとして、福島県は当時18歳以下だったすべての子どもを対象に検査を行っています。

2013-0628-youso01   
  sorce:http://www.jaea.go.jp/fukushima/kankyoanzen/mapping_report/2nd-japanese/01-05.pdf

 この甲状腺がんを引き起こすおそれがある放射性ヨウ素が広がった範囲について、日米の研究機関が解析し、その分析結果を公開しました

 分布図は、日本原子力研究開発機構が、アメリカのエネルギー省と共同で、2011年4月に航空機から測定されたデータをもとに、事故で拡散し地表に付着した放射性物質のヨウ素131を分析して作成しました。

 分布図では、放射性セシウム(セシウム134、137)と同様に東京電力株式会社福島第一原子力発電所の北西方向に高い濃度のヨウ素131拡散しています。また、同発電所付近ではヨウ素131が南側にも広がっている傾向が見られます。

 一方で、放射性セシウムとは異なり、原発の南側のエリアでも放射性ヨウ素の拡散が確認できます。原発事故で放出された放射性物質のうち、放射性ヨウ素は半減期が8日と短く、これまで拡散の範囲や量などは詳しくわかっていませんでした。
 


トピックス  「 <福島の除染>最大5兆円  産総研試算 」

  東京電力福島第1原発事故で拡散した放射性物質の除染について、産業技術総合研究所の研究グループは7月23日、福島県内だけで最大約5兆円かかるとの試算を公表した。政府は2011~13年度、除染経費として1兆1500億円を計上しているが、これを大きく上回る数字である。

 同研究所は、文部科学省が11~12年に同県の上空で計測した放射線量や、既に実施されている除染作業の手法ごとの単価、市町村の担当者への聞き取りなどを基に必要経費を算出した。

 事故による年間の被ばく線量を1ミリシーベルト未満まで引き下げる場合、1国が直接除染を行う「除染特別地域」で最大2兆300億円,2それ以外の地域で最大3兆1000億円--の計5兆1300億円かかると見込まれるという。

 内訳は、1除染作業に2兆6800億円▽除染で生じた汚染土壌などの中間貯蔵(30年間)に1兆2300億円,2仮置き場での保管に8900億円--など。最終処分にかかる費用は計上しておらず、さらに膨らむとみられる。

トピックス 「福島県の人口,6万3000人減の196万人」

  2012年12月1日現在の福島県http://wwwcms.pref.fukushima.jp/の人口は196万人で、東日本大震災と原発事故前と比べ6万3000人以上減少した。

 市町村に届けれらた住民票の転入や転出、出生や死亡の届け出をもとに福島県がまとめたところ、先月1日現在の県の人口は196万523人であった。

 この数字は202万人余であった東日本大震災と原発事故の前のおととしの3月1日と比べて6万3800人、率で3.16%減少した。

 震災後の県外から転入者は7932人だった。対して県外への転出者は1万6492人で、放射線への不安から避難する人が多かったと見られる。特に若い世代が県外に転出し、生まれる子どもの数が大きく落ち込んだことが人口の減少に影響した。
 
 県では先頃見直した総合計画の中で、このまま人口減少が続いた場合、2040年にはさらに70万人以上減の125万人と推定している。今後,福島からの人口の流出にどう歯止めをかけるかが大きな課題である。


⇒⇒ 福島県HP ⇒ 福島県総合計画 平成24年度改定について
  http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=13611

■ 県総合計画とは
 福島県がめざす将来の姿や、その実現に向けて取り組むべきことなどを明らかにした県の総合計画は、県民の皆さんをはじめ、企業や団体、市町村、県などが力を合わせて県づくりを進めていく上での指針となるものです。

■ 計画の期間
 子どもたちが親の世代となる 30年程度先を展望した、平成22(2010)~ 26(2014)年度の5カ年計画です。

■ 計画の特徴
・ふくしま全体の指針となる計画
・長期的視点での県づくり、柔軟な施策展開が可能な計画
・わかりやすい計画 
・実効性を重視した計画


 福島原発
 平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況速報

  amazon福島フェア






   

   


            東北エリア      △PAGE TOP    |     HOME