Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索







  このページは編集中です。


   






 
                                                               |  HOME  | サイトマップ |  ブログ  |
   なるほど大阪  index          大阪ナビ

HOME >なるほど大阪 index

・・・・                              

  「大阪ナビ」では,県民性や「天下の台所」として古くから発展してきた“大阪の魅力”,そして“大阪のいまを知る”のに役立つ情報の提供してまいります。

 

風土記 橋下改革 社会・統計 トラベル 旅 鹿児島の旅 情報源
 県民性・気質    大阪府の人口   旅ガイド-大阪      大阪府
 人国記       大阪市
 歴史 アクセス   地図から探す-大阪の宿  堺市
 風土    関西空港 
 方言    
食・グルメ 産業と経済     書籍・映像物産
 郷土料理・銘菓  地域区分    東北新幹線 旅ガイド-大阪    
 大阪の特産品    山形新幹線   
amazon大阪グルメ    東海道新幹線   
        中国新幹線  amazon大阪グルメ
   九州新幹線   大阪の特産品

 

大阪ナビ 「Index」

 「天下の台所」として古くから発展してきた,大阪。たこ焼きやお好み焼きなどの「大阪といえばコレ!」といったおなじみのご当地グルメから,「堺の包丁」「泉州タオル」などの名産品を紹介!


★「天下の台所」大阪の名産品・特産品★


  大阪 トピックス

 

トピックス 「外資系の超高級ホテルの進出が相次ぐ」 



 大阪市内には,インターコンチネンタルのほか,大阪ではザ・リッツ・カールトン大阪(北区)やセントレジスホテル大阪(中央区)などの外資系の超高級ホテルが既に開業している。  

ザ・リッツ・カールトン大阪 セントレジスホテル 大阪 インターコンチネンタルホテル大阪 帝国ホテル大阪 ホテル阪急インターナショナル
リッツ・カールトンならではのきめ細やかなサービスは,お客様にユニークで思い出に残る,パーソナルなご体験を提供 全室バトラー(執事)サービス●《最高級ブランド》2010年オープン コンテンポラリーラグジュアリーな空間がお客様をお出迎え。 都会でありながら自然豊かな環境に建つ格調高い空間。 全室高層26階以上・「Serta」社製の最新型ベッド・40型以上のTV
 料金:10,334円~ 料金:13,000円~ 料金:12,833円~ 料金:6,500円~ 料金:6,500円~

 大阪市内に外資系ホテルの進出が相次ぐ。今年6月にJR大阪駅北側の複合ビル群「グランフロント大阪」(北区)に英国系高級ホテル「インターコンチネンタルホテル大阪」が開業。2014年春には,高さ日本一のビル「あべのハルカス」(阿倍野区)に,「大阪マリオット都ホテル」がオープンする。朝日新聞社も,2017年完成予定のツインタワー(北区)に高級ホテルを誘致する意向である。さながら外資系ホテルの進出ラッシュの様相である。





 「大阪 淀川でうなぎ漁獲量回復 」

  
大阪の中心部を流れる淀川では,天然うなぎの漁獲量が回復する傾向にある。いまでは,年間の漁獲量は500キロほどに増えている。淀川では,高度経済成長期に川が汚れて,うなぎ漁が一時廃れた。だが,水質の改善によって,うなぎの漁獲量が回復する傾向にあり,地元の漁協などが4年前からブランド化を目指す取り組みを始めている。

今年の土用丑の日は7/24(金)と8/5(水)です!【鰻】【ウナギ】【うなぎ】丑の日早割り!鹿児島県...
2,222 円
超特大約250g×5尾!温泉で有名な鹿児島・指宿のうなぎ蒲焼 鹿児島産 鰻蒲焼 長焼き鹿児島産...
15,999 円
【クール便】うなぎの蒲焼をいつでも手軽に!【送料無料】うなぎや鹿児島産4パック詰め合わせ【...
6,204 円

 ★楽天市場 うなぎ 蒲焼き 国内産 全4,926件★  



トピックス 『大阪船場 おかみの才覚』 荒木康代著 ¥ 758 (平凡社新書)

 

戦前,大阪船場では商家のおかみさんはごりょんさんと呼ばれた。店員の教育はじめ経営の鍵を握ったその実像を現存する日記から見る。  昭和初期に生きた商家の女主人の現存する日記から,当時の女将たちがどんな役割を担っていたのかを社会学者が明らかにした。

 大阪の商家の女主人はかつて,「ごりょん(寮)さん」と呼ばれていた。彼女たちは,店の主人である「ダンサン (夫)」の片腕となって店を切り盛りし,奉公人や女中の世話,商売関係から親類縁者との付き合いなどを一手に引き受けることで,商家の生 活を支えていたという。 『大阪船場 おかみの才覚 (平凡社新書) 』  では,大阪船場で代々商いを営んでいた杉村家に嫁いだ久子の昭和2年の日記を中心に,当博の女将たちの生活をつまびらかにしている。本書から職住一体が多かった当時,経済活動の中で彼女たちが重要な位置を占めていたことがわかる。








旅行ガイド【近畿】



       


            関西エリア      △PAGE TOP    |     HOME