Yahoo!検索

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索







  このページは編集中です。


   






 
                                                               |  HOME  | サイトマップ |  ブログ  |
   なるほど北海道  index          北海道ナビ

HOME >なるほど北海道 index

北海道  ・・・・                              

 北海道は四方を太平洋、日本海、オホーツク海に囲まれ、変化に富む山岳、広大な湿原、美しい景観の天然湖沼などにより形成されている。気候は冷涼低湿で、梅雨や台風の影響をあまり受けない。アメリカ、ヨーロッパの主要都市とほぼ同位置にある。
 「北海道ナビ」では,こうした“北海道の魅力”や“北海道のいまを知る”のに役立つ情報の提供を通じて,みなさまのビジネスや生活のお役立ちを目指しています。

風土記 産業と経済 社会・統計 トラベル 旅 北海道の旅 情報源
 県民性・気質  地域区分  北海道の人口   旅ガイド-北海道       北海道
 人国記  都市圏・商圏  札幌市     札幌市
 歴史  地域特性    地図から探す北海道の旅館・ホテル  旭川市
 風土        
 方言     北海道観光振興機構 
食・グルメ       
   製造業・工業    東北新幹線     
 特産品  商業    九州新幹線    書籍・映像物産
amazon北海道フェア  農業         
 北海道の本        
    北海道-特産品  

 

北海道ナビ 「Index」


 「北海道ナビ」では,「ビジネスや生活に役立つ」をテーマに,県民性や日常のビジネス活動や生活で役に立つ情報をお届けします。特に「旅」に役立つ情報として,北海道の見どころや癒しのスポットを紹介します。名所・旧跡に温泉,日帰り旅行から贅沢な旅まで取り揃えていく予定です。

 札幌ラーメン,夕張メロン,十勝産じゃがいも…“北海道”と聞いただけで数々の名産品を思い浮かべられるほど,北海道はご当地グルメの宝庫。日本最北の大自然が生み出す新鮮素材の魅力を徹底リサーチ!北海道のお土産や名産品をチェック!

★北海道はご当地グルメの宝庫。日本最北の大自然が生み出す新鮮素材の魅力を徹底リサーチ!★


▼JTBグループ



  北海道 トピックス

 

 トピックス「新夜景三大夜景 長崎,札幌,神戸の3市」

 夜景を生かした観光促進策を探る「夜景サミット」(夜景観光コンベンション・ビューローなど主催)が9日,神戸市中央区で開かれ,長崎と札幌および神戸の3市が「日本新三大夜景」の都市と認定された。

 なお,北海道函館市 - 函館山から見る函館市の夜景と兵庫県神戸市 - 摩耶山掬星台から見る大阪市-阪神地区-神戸市の夜景および長崎県長崎市 - 稲佐山から見る長崎市の夜景の三カ所が,一般的には日本三大夜景と呼ばれている。
 この神戸市摩耶山・函館市函館山・長崎市稲佐山の3山に共通する点は,ほぼ同時期にロープウェイが開通したことにある。

▼3山にロープウェイが開通した時期
神戸市「摩耶山」 - 1955年(昭和30年)7月12日
函館市「函館山」 - 1958年
長崎市「稲佐山」 - 1959年(昭和34年)10月4日

展望のよい山にロープウェイが開通したことにより,この3スポットは夜間も人の行き来が可能な山となった。これが,日本の三大夜景スポットと取り上げられたきっかけとも,言われている。


トピックス  「最低賃金 北海道、青森など11都道府県で生活保護以下」


 厚生労働省の調査によると,最低賃金で働いた場合、1か月の収入が生活保護の受給額を下回るいわゆる「逆転現象」が起きている都道府県は、北海道、青森、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫、広島の11である。
 生活保護の受給額を時給に換算した場合、最低賃金との差額が最も大きかったのは北海道で22円、次いで東京が13円、広島が11円となっている。
 最低賃金は、企業が従業員に最低限支払わなければならない賃金で、毎年、国の審議会が示す目安を基に都道府県ごとに決められていて、現在、全国の平均は時給で749円である。

⇒⇒平成24年度地域別最低賃金改定状況出典:厚生労働省HP
         http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

 

 

旅行ガイド【北海道】 楽天トラベル提供
★北海道 地域名・地図から探す-ホテル・旅館★


トピックス「<北海道> 女性ターゲットの宿泊プランを提供=「冬のシンデレラ北海道



◆樺太の戦い (1945年)     出典:ウィキペディア
 樺太の戦い(からふとのたたかい)は,太平洋戦争/大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)8月11日から8月25日にかけ,日本の内地であった樺太南部で,日本とソビエト連邦の間で行われた戦闘である。

 1945年8月9日に対日参戦したソ連は,8月11日に南樺太の占領作戦を開始した。その目的は南樺太の獲得と,次に予定された北海道侵攻の拠点確保だった。ソ連軍は北樺太から陸上侵攻する歩兵師団・歩兵旅団・戦車旅団各1個が攻撃の中心で,補助攻勢として北太平洋艦隊と歩兵旅団1個による上陸作戦が実施された。日本軍は,歩兵師団1個を中心に応戦し,国境地帯ではソ連軍の拘束に成功した。

  8月15日に日本のポツダム宣言受諾が布告されて,太平洋戦争は停戦に向かったが,樺太を含めてソ連軍の侵攻は止まらず,自衛戦闘を命じられた日本軍との戦闘が続いた。ソ連は昭和20年8月8日,日ソ中立条約を破って日本に宣戦布告し,翌9日未明,満洲と朝鮮北部に侵攻した。 樺太での停戦は8月19日以降に徐々に進んだものの,ソ連軍の上陸作戦による戦線拡大もあった。8月23日頃までに日本軍の主要部隊との停戦が成立し,8月25日の大泊占領をもって樺太の戦いは終わった。

 当時,南樺太には40万人以上の日本の民間人が居住しており,ソ連軍侵攻後に北海道方面への緊急疎開が行われた。自力脱出者を含めて10万人が島外避難に成功したが,避難船3隻がソ連軍に攻撃されて約1,700名が死亡した(三船殉難事件)。陸上でもソ連軍の無差別攻撃がしばしば行われ,約2,000人の民間人が死亡した。






 『知られざる本土決戦南樺太終戦史―日本領南樺太十七日間の戦争』は,かつて日本人が40万人暮らしていた南樺太で起きた熾烈(しれつ)な地上戦の全貌を克明に描いた戦史である。各地の戦闘の経緯はもとより住民の避難や惨劇,樺太脱出を記述している。
 日本軍は少数部隊で高い死傷率にもかかわらず,装備や人員で遥(はる)かにまさるソ連軍の進撃を阻止し,多数の民間人の避難を助けたことを著者は高く評価している。  南樺太と北千島・占守(しゅむしゅ)島での日本軍の勇敢な戦いはスターリンの「北海道北半分占領」の野望を打ち砕くものだったと著者は解している。

 



 



       


            北海道エリア      △PAGE TOP    |     HOME